郝柏村・元行政院長、101歳で死去

郝柏村・元行政院長、101歳で死去 - 郝柏村・元行政院長は、30

郝柏村・元行政院長、101歳で死去 郝柏村・元行政院長は、30日午後2時47分、敗血症に伴う多臓器不全により、台北市の三軍総合病院で死去した。享年101歳。 郝柏村氏は過去に抗日戦争、八二三砲戦などを歴戦し、中華民国陸軍一級上将で退役。参謀総長、国防部長、行政院長を歴任し、1995年、当時国民党の李登輝・主席とスタンスの違いで国民党を離党。離党後、林洋港・司法院長とコンビを組み、中華民国第9代正副総統選挙に出馬したが、160万票で落選したあと、第一線を退いた。中華民国百年間の戦争と平和と、台湾の民主化運動の発展を見届けた郝柏村氏は、中華民国近代史の立会人と言われている。 郝氏の長男、最大野党・国民党の郝龍斌・前副主席は「出生入死、奉獻一生(生死を顧みず、人生を捧げた)」と父親を形容している。新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、各界の弔問は辞退し、告別式は新型コロナウイルスが終息したあとに行う予定という。

郝柏村・元行政院長、101歳で死去
 

郝柏村・元行政院長、101歳で死去

郝柏村・元行政院長は、30日午後2時47分、敗血症に伴う多臓器不全により、台北市の三軍総合病院で死去した。享年101歳。
郝柏村氏は過去に抗日戦争、八二三砲戦などを歴戦し、中華民国陸軍一級上将で退役。参謀総長、国防部長、行政院長を歴任し、1995年、当時国民党の李登輝・主席とスタンスの違いで国民党を離党。離党後、林洋港・司法院長とコンビを組み、中華民国第9代正副総統選挙に出馬したが、160万票で落選したあと、第一線を退いた。中華民国百年間の戦争と平和と、台湾の民主化運動の発展を見届けた郝柏村氏は、中華民国近代史の立会人と言われている。

郝氏の長男、最大野党・国民党の郝龍斌・前副主席は「出生入死、奉獻一生(生死を顧みず、人生を捧げた)」と父親を形容している。新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、各界の弔問は辞退し、告別式は新型コロナウイルスが終息したあとに行う予定という。

Tags:
郝柏村 台湾 台湾国際放送 国民党 郝龍斌
Copyright © 2020 GoDialy All Rights Reserved.