台湾大学が肺炎のモバイル検査機を開発、30秒で検査結果が判明

台湾大学が肺炎のモバイル検査機を開発、30秒で検査結果が判明 - 台湾大学の研究チームはこ

台湾大学が肺炎のモバイル検査機を開発、30秒で検査結果が判明 台湾大学の研究チームはこのほど、30秒で肺炎かどうかを検査できるモバイル検査機を開発しました。台湾では、新型コロナウイルス感染の拡大を防止できるかどうか、正念場にさしかかっています、こうした中で、検査のスピードを上げることが重要になっています。このモバイル検査機で肺炎であることが確認され、しかも新型コロナウイルス感染の疑いがある場合、コンピュータ断層撮影などのさらにレベルの高い検査によって、確認を行います。開発に当たった台湾大学のチームは、現在、この「肺炎モバイル検査機」について、医療用機器としての許可証の申請を行っているところです。将来、この機械を使って空港で入境してくる人たちに対するスクリーニングを行い、新型コロナウイルス感染をいち早く検出し、台湾へのウイルスの侵入を防ぐことが期待されます。

台湾大学が肺炎のモバイル検査機を開発、30秒で検査結果が判明
 

台湾大学が肺炎のモバイル検査機を開発、30秒で検査結果が判明

台湾大学の研究チームはこのほど、30秒で肺炎かどうかを検査できるモバイル検査機を開発しました。台湾では、新型コロナウイルス感染の拡大を防止できるかどうか、正念場にさしかかっています、こうした中で、検査のスピードを上げることが重要になっています。このモバイル検査機で肺炎であることが確認され、しかも新型コロナウイルス感染の疑いがある場合、コンピュータ断層撮影などのさらにレベルの高い検査によって、確認を行います。開発に当たった台湾大学のチームは、現在、この「肺炎モバイル検査機」について、医療用機器としての許可証の申請を行っているところです。将来、この機械を使って空港で入境してくる人たちに対するスクリーニングを行い、新型コロナウイルス感染をいち早く検出し、台湾へのウイルスの侵入を防ぐことが期待されます。

Copyright © 2020 GoDialy All Rights Reserved.